WindowsPCもサブスク可能なWindows365登場

www.microsoft.com

 

Microsoftが新クラウドサービスとしてWindows365を発表しました。

Microsoft Cloud上にOSを移行、各種個人使用の端末上に展開して使用可能なようです。

Microsoft CEO曰く、「SaaS によってアプリケーションがクラウドに移行したのと同じように、マイクロソフトオペレーティングシステムクラウド上に実現しようとしています。」 だそうです。

このサービスのポイントとして下記3つが挙げられています。

・パワフル

・シンプル

・セキュア

このなかのシンプルについては仮想化技術の経験を必要としないや、より細かな設定を施す場合はAzure Virtual Desktopを使用するなど住み分けについてコメントされているようです。

エンドユーザー向けはWindows 365、管理者や事細かな設定が必要な開発向けなどはAzure Virtual Desktopとなるのでしょうか。

気になるプランですが下記のプラン/価格構成になるようです。

家庭向け Microsoft 365 のプラン

Microsoft 365 Personal:¥12,984/年

一般法人向け Microsoft 365 のプラン(年間契約)

Microsoft 365 Business Basic:¥540/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 Business Standard:¥1,360/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 Business Premium:¥2,180/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 Apps for business:¥900/月(1ユーザー毎)

大企業向け Microsoft 365 のプラン(年間契約)

Microsoft 365 E3:¥3,480/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 E5:¥6200/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 F1F3:¥870/月(1ユーザー毎)
Microsoft 365 Apps for enterprise:¥1300/月(1ユーザー毎)